クンクンボディとタニタにおいチェッカーを比較!おすすめの使い方は?

更新日:

世界初のニオイ見える化チェッカーとして、気になる体臭をスマホアプリで確認することのできるコニカミノルタのクンクンボディですが、タニタのにおいチェッカー【ES-100】と測定できる臭いの種類や使い方などを比較してみました。

どちらの測定器も、持ち運びしやすいコンパクトサイズになっており、短時間で自分の体臭をセルフチェックできますので、職場での臭いケアやスメルハラスメント対策にぜひ活用してみてください。

クンクンボディとタニタにおいチェッカーを比較!

コニカミノルタのクンクンボディとタニタのにおいチェッカーは、どちらも汗臭や加齢臭などのレベルを客観的な数値で確認することのできるニオイ測定器です。

クンクンボディとタニタにおいチェッカーの違いは?

クンクンボディでは、汗臭、ミドル脂臭、加齢臭という3種類の体臭を、それぞれ10段階のレベルで数値化することができ、100点満点で表示される総合値とともにスマホアプリで確認することができます。

また、タニタのにおいチェッカーでは、加齢臭、疲労臭、汗臭など、汗に含まれる代表的なニオイ物質と、香水や柔軟剤などの匂いを総合して、その値のみを本体の画面に表示される11段階のレベルで確認することができるようになっています。

クンクンボディとタニタにおいチェッカーの使い方の違いは?

コニカミノルタのクンクンボディでは、スマホアプリと連動して、臭いの種類や過去のデータなどを確認できますが、タニタのにおいチェッカーでは臭いの種類までは分からず、簡易的な測定結果だけが表示されるようになっています。

クンクンボディとタニタにおいチェッカーのおすすめの使い方は?

クンクンボディ(30,000円)と比較すると、タニタのにおいチェッカーは半額以下の値段(13,824円)で購入できますので、自分のニオイが周囲に迷惑をかけるレベルなのか知りたいだけであれば、タニタのにおいチェッカーのほうが格安です。

しかし、ミドル脂臭や加齢臭など、自分の体臭の種類をチェックして、シャンプーやボディソープなどで対策したいのであれば、コニカミノルタのクンクンボディのほうが詳しく分析できますので、どこまでの性能が必要かどうかで、使用するモデルを選ぶのがおすすめです。

Copyright© クンクンボディ.com , 2022 All Rights Reserved.